亥年生まれの2019年の運勢

亥年生まれの運勢2019年(平成31年)は八白土星年が中央に回座する己亥(つちのとい)の年と成ります。己亥の年は物事が安定せず、予期せぬ出来事が起こりやすい年となります。
今年は何事も問題解決の糸口が見つからない、不満や不安が渦巻く一年となりそうです。ただ、相反する二つの力がお互いに打ち消し合うので、大きな変化はないでしょう。

亥(いのしし)年は、個人主義に走り自己中心的になりやすい年で、自分のために行動しがちな年となるでしょう。
亥(いのしし)年の今年は、何事も猪突猛進で突き進み、後で後悔しやすい年なので注意が必要です。特に人間関係においては、その傾向が強く出るので、慎重さが求められます。

亥(いのしし)年は、異性からの誘惑に注意が必要です。一目惚れから感情にまかせて突っ走るとすべてを失うことにも・・・・・・・

亥(いのしし)年は、何事も損得勘定で判断しやすく、だまされやすい年ですので、詐欺やもうけ話には要注意な一年です。堅実な判断と行動が大切です。

亥年生まれの今年の運勢
亥(いのしし)年生まれにとって亥(いのしし)年の2019年(平成31年)は、大きな問題は少なく平穏で安定した一年となるでしょう。
今年は、家庭や職場での人間関係に多少のトラブルはあっても、誠意を持って対応すれば解決の糸口がすぐに見つかり、大きな問題へとは発展しません。
ただ、過労やストレスからの体調不良には要注意です。普段からの体調管理が大切です。

今年の恋愛運は、異性との出会いのチャンスも多く、恋人のいない人には、チャンス到来の一年となります。
今年の仕事運は、緊張感から解放されのんびりムードが漂う一年です。気の緩みからのミスは大きな問題へと進展する兆しがあるので注意を・・・


年齢別の亥年生まれの
2019年の運勢アドバイス


平成19年(丁亥)・平成7年(乙亥)・昭和58年(癸亥)・昭和46年(辛亥)・昭和34年(己亥)・昭和22年(丁亥)・昭和10年(乙亥)・大正12年(癸亥)生まれの人の2019年の運勢

●大正12年(癸亥)生まれの人は、感謝の気持ちを大切にして、会話を楽しむことが大切です。開運色「青藤色」、相性の良い人「九紫火星の人」、注意する人「一白水星の人」

●昭和10年(乙亥)生まれの人は、感情に流されず冷静沈着な言動が求められる年です。何事も先手必勝の一年です。開運色「紺碧」、相性の良い人「六白金星の人」、注意する人「三碧木星の人」

●昭和22年(丁亥)生まれの人は、人生に迷いが生じやすい年です。人生は周囲の協力や支えで成り立っていることに感謝しましょう。開運色「紺青」、相性の良い人「二黒土星の人」、注意する人「一白水星の人」

●昭和34年(己亥)生まれの人は、第二の人生の計画をスタートさせる年です。進んで新しい分野の人との交流を・・・・。開運色「浅葱色」、相性の良い人「七赤金星の人」、注意する人「四緑木星の人」

●昭和46年(辛亥)生まれの人は、他人の評価は気にせずに、何事にも残力を傾ける年です。物事の勝ち負けにこだわると運気を悪くします。開運色「瑠璃色」、相性の良い人「七赤金星の人」、注意する人「一白水星の人」

●昭和58年(癸亥)生まれの人は、何事にもマンネリを感じる年です。プライドや先入観を捨て新しいことにチャレンジしましょう。開運色「紺桔梗」、相性の良い人「八白土星の人」、注意する人「三碧木星の人」

●平成7年(乙亥)生まれの人は、社会人としての自覚を養う一年です。オン・オフのけじめをつけて健康維持に努めましょう。開運色「空色」、相性の良い人「九紫火星の人」、注意する人「四緑木星の人」

●平成19年(丁亥)生まれの人は、今年は、自分の将来を決めるような出会いがありそうです。自立心を養うことが大切です。開運色「水色」、相性の良い人「九紫火星の人」、注意する人「一白水星の人」


亥年生まれの恋愛運・対人運


亥年生まれの恋愛は、率直な性格の亥年は、好きになるとまっしぐらになるタイプです。卯年と未年の異性とは気持ちの通じ合う好相性です。若い頃は思いを打ち明けられず、片思いに終わることが多そうです。
情熱的なあまり、相手の気持ちを考えずに行動してしまうことがあるので気をつけてください。社会に出ると、男女ともに仕事に打ち込み、婚期は遅くなりがちです。また、お見合いも適しています。落ち着いて交際し、ぴったりの相手を選ぶことができるでしょう。
結婚後は幸せな家庭を築ける亥年ですが、巳年との相性はいまいち。結婚相手に選ぶのは避けたほうが無難です。

亥年生まれは、何ごとにも一途に突き進む、強い意志の持ち主です。プライドが高く、人の意見に耳を貸そうとしません。また、強い正義感から、遠慮のないストレートな言葉遣いをするために、相手に誤解される恐れがあります。
ソフトな言い方を心がけ、素直に忠告を受け人れる度量が必要です。職場でも、人間関係などは気にせず、自分の正しいと思う道に猪突猛進してしまいます。そのため、周囲からは孤立しがちになるでしょう。成功
するには何よりも人間関係が大切です。相手を尊重し、お互いに心地いい関係を築くことで、より楽しい人生が送れるようになります。


亥年生まれの金運・仕事運


亥年生まれの人は、金運に恵まれ、堅実な生活を送って計凼的に資産を築いていくタイプです。ただ、情に厚く世話好きなため、義理や親兄弟のために財を失うこともあるので気をつけてください。
逆に人から好かれて思わぬ財産に恵まれることもあります。若い頃から計画的に貯金を続けると、将来、大きな資産を作り上げることができそうです。
また、情報も大切です。多くの人々と協調して、いろいろな情報を集めるとよいでしょう。投機面でも鋭い直観力を発揮しますが、地道に貯めるほうが向いています。金運も人間関係に左右されますので、人づき合いを大事にしましょう。

強い信念を持つ亥年生まれの人は、何ごとにも徹底的に頑張るタイプ。知識欲もあり、研究熱心なので、どんな仕事に就いても好成績をあげることができます。周囲からも認められるでしょう。
ただ、プライドが高く頑固な面は時にネックになります。接客や営業関係など、対人関係の大切な職業は、努力だけでは成功も難しく、苦労するでしょう。個性を生かして才能を発揮できる職業や、医師や教師などの専門職、茶・華道など文化的な面の仕事が向いています。
自分勝手なところを抑えて、周囲と協調する柔軟性を養うことがさらに運気を高めるコッです。


亥年生まれの基本性格

亥年生まれの基本性格
亥年生まれの人は、水と陰の性質を持っています。一滴の水が海に届くように、辛抱強く、何ごとも完全にやりとげようとする性格です。
意志が強く、責任感もあるので、周囲からの信頼は抜群です。ただプライドが高いため、頑固になりがちです。相手を許す心の広さが大切です。
腹が立つと、思わずきついことを言って反感を買うことがあるので気をつけてください。
運勢にはやや波があり、適職を見つけるのには時間がかかり転職を繰り返す人もいます。
若い頃は真面な態度で目上から引き立てられ、精力的に働きます。その頑張りで、将来、豊かで安定した生活ができます。ボランティアなど社会に役立つ活動をするとよいでしょう。

亥年生まれの人は、必要に応じての忍耐強さを持ち合わせています。一つのことに根気強くあたる性格ですから、優秀な教師になる素質があるともいえるでしょう。
亥年の人は、誠実で思いやりがあります。ですから、生涯を通じて友人が大勢できます。亥年の人にとつては、人との接触が嬉しくてたまらないのです。このように、いつも楽しむことをモットーとして生きている人ですが、自分の楽しみを邪魔されそうになると、陰の部分を出てしてしまい、陰険な意地悪な人になってしまうことがあります。
亥年の人は、言い争いや議論を交わすことなどは、あまり好きではありません。ですから、意見の違う人々の間に入って、いつの間にかまとめてしまう特技を持っています。素直で誠実な亥年生まれだからこそできる「技」なのかもしれません。
しかし、弱点もあります。物事を決めかねることと、愛嬌をふり回しすぎことです。人の好感を徐々に得るように仕向けて、いずれは自分を好きにさせてしまう魔法の手口を持ち合わせています。
亥年生まれの人は、心配性です。また、古典的な正義感にも溢れています。ですから、他人の面倒をみることは苦になりません。また、正直で、ナイーブな性格ですから、人にだまされることはあっても、だますことはできません。事実、亥年の人は、よく他人からだまされます。それでも、人気者ですから、困ったときには助けてくれる友人が集まってきてくれます。
例外を除いて、亥年生まれの人は物静かで、心の優しい性格です。また、他人が起す問題なども、すぐに許してしまう寛大さを持ち合わせています。しかし、気性は短気ですぐにカツとなりやすいのです。なぜなら、争い事が嫌いだからです。つまり争いごとに巻き込まれたくないから、他人の気になる意見なども、自分自身で勝手によほうに解釈して、逃れようとしたりもします。


亥年生まれの子供の性格


亥年生まれの子供は、亥年生まれの子供は、自立心が強く社交的ですから、育てやすいタイプです。任せて安心のところがあるので、学校でも家庭でも、安心して見ていられます。我慢強くしっかりしているので、泣いて困らせられることは少ないでしょう。
また、体も丈夫で、仕事も喜んで手伝い、たとえ失敗しても簡単には落ち込むことがありません。親に面倒をみてもらうことをあまり必要としませんが、それでも、いつも助けてもらえる距離にいてほしいと願っています。
亥生まれの子には、特有の独立心があり、親の言うことはよく聞くものの、限度があって、奴隸にはなりたくないのです。"交換条件〃の精神のおかげで、近所でも人気のある子供になります。また、競争しても、賞品や報酬をもらうことより、勝つこと自体に喜びを見出します。
亥年生まれの子供は、仲間を集めたり、仲裁に入ったりするのが得意ですが、「どちらの味方につくか」といった問題では、自分の気持が決まらなくて苦労します。また、ほかの子供の性格を見抜く力に劣るところがあり、だまされたりもします。それでも、頑張り屋の亥年生まれです。失敗すると倍の力で反撃します。泣きながらもあきらめないタイプです。
亥年生まれは人には言いますが、自分自身は怠け者で、すぐには行動に移さないところがあります。
亥年生まれの子供は、親切にしてあげると、倍して返してくれます。もちろん、仇を倍にして返す場合もありますが。どちらにせよ、亥年は愛する者には盲目になる傾向があり、友人達を異常なほど大事にします。


亥年・二黒土星年生まれの性格・運勢


亥年・二黒土星年生まれの人は、地味ですが、人情味のある人物が多いです。
どんな困難も乗り越えて、目標を達成します。
ただ、短気を起こすとすべてを投げ出してしまうので気をつけてください。
人がいいので、利用されることもありそうです。人を見極める目を育てましょう。


スポンサードリンク

亥年・五黄土星年生まれの性格・運勢


亥年・五黄土星年生まれの人は、意志が強く、リーダーになる気質の持ちです。
決めたことは必ずやり通し、苦しいときも乗り越える根性がります。
頑固なあまり周と衝突することもあり、自制心が必要です。
意見や忠告を素直に聞き入れる心の広さを持ちましょう。
若い頃の徹底した仕事ぶりが信頼されて、次第に運が開ける大器晩成型です。


亥年・八白土星年生まれの性格・運勢


亥年・八白土星年生まれの人は、 誠実で責任感も強いので、誰からも信頼されます。
また、家族思いです。
若い頃は苦労しがちですが、しだいに努力が認められて活躍の場が広がり、立派な実を結ぶでしょう。
頑固すぎて対人関係で失敗しないよう自制心を養うことが大切です。
相続運や蓄財運も強く、社会奉仕でより運気が上がります。


亥年生まれの相性


亥年生まれの相性亥年と子年の相性は、亥年と子年は、小吉の相性です。子年は物腰が柔らかいので亥年は安心してつき合えます。しかし、子年は感情を内に秘める気質。子年の繊細さに配慮するつき合いが大切です。

亥年と丑年の相性は、亥年も丑年も頑固で、いったん意見がぶっかると和解しにくい面がありますが、淡々とした亥年と忍耐強い丑年は話し合い理解し合えればしこりを残さずにすみます。

亥年と寅年の相性は、お互い頑固でプライドが高く、性格的に共通した強さがあります。いい関係を維持するためには、亥年が自分の意見にしがみつくのをやめて、歩み寄る心が大切になります。

亥年と卯年の相性は、亥年と卯年は気持ちのよく通じ合う相性です。熱くまっすぐな亥年と穏やかな卯年は、お互い、そばにいると居心地のいい相手。欠点を補い合い、長所を伸ばし合える関係です。

亥年と辰年の相性は、どちらも自尊心が高く、率直に意見を言うところが似ています。ただ、人づき合いが得意ではない面も似ているのが難点。欠点を許す度量がないと、面倒が起こりそうです。

亥年と巳年の相性は、亥年と巳年とは考え方や行動などいろいろな点で違いが目立ちます。協力しょうとしても、なかなか難しいでしょう。しかし、異なる価値観を教えてくれる貴重な存在です。

亥年と午年の相性は、一事が万事、徹底したがる亥年と機敏な行動力を持つ午年はいいコンビです。しかし、基本的な望みや目的が違うため、我を張り合って対立しがち。歩み寄りが必要な関係です。

亥年と未年の相性は、亥年の一本気で強情な性格と、未年の協調性や臨機応変な対応は対照的。お互いの長所と短所を補い合うことができるので、助け合えば、大変いい関係になれるでしょう。

亥年と申年の相性は、自己中心的な面が目立つ申年。他人を動かす才能があるため、弱い相手には強く出る欠点があります。正直で一本気な亥年は、簡単に利用される恐れがあるので用心すべきです。

亥年と酉年の相性は、徹底して実行する力はあっても、融通のきかない亥年。酉年は、企画力は優れていますが、実行力は不足気味です。お互いの長所を生かして協力するとパワー倍増の好相性です。

亥年と戌年の相性は、正直で忍,強い戌年の性格は、亥年との共通点が多くあります。そのため、お互いに理解しやすく共鳴できる関係です。ただ、どちらも自我が強いので、主張のしすぎには要注意です。

亥年と亥年の相性は、性格、考え方に共通する点の多い亥年同士は順調なときはとてもいい関係でいられますが、一度ぶつかると関係悪化。欠点も似ているだけに、仲直りするのは至維の技となります。


スポンサードリンク





ありがとうございます。また、いらしてくれますか?