子年生まれの2019年の運勢

子年生まれの運勢2019年(平成31年)は八白土星年が中央に回座する己亥(つちのとい)の年と成ります。己亥の年は物事が安定せず、予期せぬ出来事が起こりやすい年となります。
今年は何事も問題解決の糸口が見つからない、不満や不安が渦巻く一年となりそうです。ただ、相反する二つの力がお互いに打ち消し合うので、大きな変化はないでしょう。

亥(いのしし)年は、個人主義に走り自己中心的になりやすい年で、自分のために行動しがちな年となるでしょう。
亥(いのしし)年の今年は、何事も猪突猛進で突き進み、後で後悔しやすい年なので注意が必要です。特に人間関係においては、その傾向が強く出るので、慎重さが求められます。

亥(いのしし)年は、異性からの誘惑に注意が必要です。一目惚れから感情にまかせて突っ走るとすべてを失うことにも・・・・・・・

亥(いのしし)年は、何事も損得勘定で判断しやすく、だまされやすい年ですので、詐欺やもうけ話には要注意な一年です。堅実な判断と行動が大切です。

子年生まれの今年の運勢
子(ねずみ)年生まれにとって亥(いのしし)年の2019年(平成31年)は、地道に努力して、先延ばしにしてきた問題を解決していく年です。
今年は、家族や友人との人間関係での出費が多くなる年です。収支のバランスに気をつけましょう。
2019年は、健康管理を怠ると、思わぬ病気の兆しがあるので注意が必要です。

恋愛運は、今年の出会いは金運を下げる腐れ縁の兆しがあります。
仕事運は、地道な努力が肝心な年です。一攫千金を狙うとお金も財産も失う結果に・・・・・・・。


年齢別の子年生まれの
2019年の運勢アドバイス


平成20年(戌子)・平成8年(丙子)・昭和59年(甲子)・昭和47年(壬子)・昭和35年(庚子)・昭和23年(戌子)・昭和11年(丙子)・大正13年(甲子)生まれの人の2019年(平成31年)の運勢

●大正13年(甲子)生まれの人は、身体の冷えに注意が必要な年です。何事も我慢はほどほどに・・・・。開運色「薄花色」、相性の良い人「一白水星の人」、注意する人「二黒土星の人」

●昭和11年(丙子)生まれの人は、好きな音楽を聴いたり、カラオケでストレスの発散を・・・・・。開運色「古代紫」、相性の良い人「七赤金星の人」、注意する人「二黒土星の人」

●昭和23年(戌子)生まれの人は、心機一転で生活習慣を改める年。何事にも積極的に・・・・。開運色「紫苑色」、相性の良い人「六白金星の人」、注意する人「九紫火星の人」

●昭和35年(庚子)生まれの人は、甘い誘惑に乗りやすい一年です。大きな買い物や重要な決断は今年は避けた方が・・・・。開運色「紺藍」、相性の良い人「九紫火星の人」、注意する人「五黄土星の人」

●昭和47年(壬子)生まれの人は、健康管理を疎かにすると後悔します。食生活に気をつけ適度な運動を日課としましょう。開運色「京紫」、相性の良い人「六白金星の人」、注意する人「五黄土星の人」

●昭和59年(甲子)生まれの人は、信頼できる人生の友に出会える年です。気を緩めると飛ぶようにお金が出ていく年でもあります。開運色「菖蒲色」、相性の良い人「八白土星の人」、注意する人「三碧木星の人」

●平成8年(丙子)生まれの人は、心にゆとりを持ってストレスをためないことが運気の安定につながります。開運色「紅桔梗」、相性の良い人「三碧木星の人」、注意する人「六白金星の人」

●平成20年(戌子)生まれの人は、勉強より遊びに熱が入る年です。約束やルールを守ることで安泰な一年となります。開運色「梅紫」、相性の良い人「四緑木星の人」、注意する人「八白土星の人」


子年生まれの恋愛運・対人運


子年生まれ人はお人よしで純情タイプで、いつたん好意を持った人に対しては、仝力で愛情を注ぎます。しかし、残念ながら恋に不器用なため、若いときは片思いが多い傾向があります。
それでも、ひそかに相手を思い続ける切ない恋を経験しそうです。丑年、辰年と、年上の
申年とは相性ぴったりです。男女ともに結婚が前提の真面目なおつき合いが多く、恋愛結婚よりは見合い結婚が多い傾向があり幸せになれます。
また、おもいが納得すれば、短期間の交際で一気に結婚へ話を進め、入籍するバタ—ンになるでしょう。夫婦仲は円満で、子供のしっけのチームワークも抜群です。未長く協力し、助け合う関係を続けていきます。

世話好きで面倒見がよく、人気がある子年生まれの人間関係は、自立心があるので、若くして社会に出る人が多いです。会社などでは、常に周囲に気配りが行き届き、アシスタントしての才能を発揮します。人柄もいいので、周囲から可愛がられるでしょう。
人の和を大切にするので、どこへ行っても自然となじみ、新しい人間関係を作り上げるの
も得意です。
歳を重ねると、若いときに自分を抑えた反動でわがままになる傾向もあります。仕事優先の人づき合いをしていた人は、とくに相手に本音をぶつけたいと思うようになるでしょう。
多少なら、周りも大目に見てくれるはず。開き直ることはせず、気持ちを素直に伝えるとよいでしょう。


子年生まれの金運・仕事運


子年生まれは、経済感覚に長けたやりくり上手です。しっかり貯金して、毎日の暮らしは合理的に、小さなことにも心を配って質素に生活します。
また、いざというときに備えて、保険、年金、貯金の手配も完璧にします。おまけに働き盛りのときは、無理せず、見栄を張らず、多くのカードを持たずの三つの主義をつらぬき通すでしょう。
この結果、晩年は豊かな老後を送ること間違いなしです。ただ、交際は地味で、仲間内の遊びづき合いも少なく、冠婚葬祭もそれなりに出すだけなので、周囲からはケチだと嫌味をいわれるかもしれません。ムダも暮らしの一部と思って使うべき時には思い切って使いましょう。

子年は、与えられた情報や環境に順応して努力するタイプ。自分の創意工夫を生かせることに、何よりもやりがいを感じます。
人の下につくのは不向きで、組織に所属するより、手に職を持つ専門職のほうが成功します。
目標が決まるまでは割とのんきで、あちこち寄り道しますが、ひとたび進む道が定まれば、目標に向かって努力は惜しみません。何でもそつなくこなせるため、器用貧乏となり出世は遅れがちになる傾向もあります。
しかし、持ち前の仕事好きから、ボランティアや後輩の指導に携わり、周囲に人が集まって慕われます。適職は教師、会計士、税理士、公務員、研究者などがあります。


子年生まれの基本性格

子年生まれの基本性格
子年生まれの性格・相性・運勢子年生まれの人は、水と陽の性質を持ちます。降った雨水がやがて大河となるように、辛抱強さと優れた適応力の持ち主です。
運勢は、水の流れのように曲がりくねり、適職を得るまでに時間がかかるかもしれません。
若い頃から自立し、自分の信じる道を進みます。明るく和やかな性格なので社会に出ても人間関係は円満ですが、主張を通し切れないといった押しの弱さと器用貧乏な面もありま
す。
しかし、経済感覚に優れているので、貯蓄を心がけていれば、歳を重ねてからは安定します。健康に恵まれ、仕事好きなので老後も働き続けます。子どもを頼りにするよりも元気に働くことが生きがいになるでしょう。
子年生まれの人は、必要とあればすばらしい統率力を発揮します。他人の子供を長期間あずかったりするのは朝飯前。彼女の前では、皆が自然と家事の手伝いなどの役割を果たすようになり、グループが自然とまとまってしまうのです。
子年の人は自分の秘密をよく隠したがりますが、他人の秘密には大変興味を持つ傾向があります。時には、「他人のミスも利用させてもらう」ことさえ抵抗なくできる賢さも持っています。
そのように、いつ得をするかわからないので、ネズミは常に壁に耳を当てています。そのような性格ですから、テレビの芸能ニュースなどは大好きなはずです。
ふだんは自分の感情を抑えることの上手な子年ですが、機嫌が悪い時にはすぐにわかります。まず短気になったり、ぶっきらぼうになったり、性格も出しゃばりになるようです。中には、大変な文句屋になる人もいます。自分自身は、すべてを手っ取り早くすることをモットーにしているネズミ年にとって、他人の「なまけ」と「無駄」には我慢ができないのです。


子年生まれの子供の性格

子年生まれの子供の性格は、心優しく、愛くるしい感じです。恥ずかしがり屋ですが、中身は相当の負けず嫌いです。
ほしいものを得るために大人の腕にぶら下がり、駄々をこねます。性格は優しいのですが、他の子供が自分の親や友達に可愛がられでもすると、嫉妬で泣きじゃくります。
しゃべり方は普通より早い場合が多く、食べることも大好きです。そのためか、早くから料理や家事に興味を持ちます。愛情に溢れ、感情を表に出すタイプなので、ひとりでいることが嫌いです。
また、グループで遊ぶのが好きで、細かい仕事や遊びに熱中することが得意です。友達もすぐできます。整理整頓の能力があるので、片づけのお手伝いは、ネズミ年の子供に頼むとよいでしょう。
若い時からネズミ特有の「計算が得意」なので、おやつのケーキの大きさの違いとか数の違いのことで、兄弟喧嘩をします。
ネズミ年の子供をだまそうと思ってはいけません。とにかく自分のおもちやなどの色、数、置き場所など決して忘れません。ですから、子供に断りなく人にあげてしまったりすると、必ず大騒ぎになります。


子年・一白水星年生まれの性格・運勢


子年一白生まれの人は、目上の人や先輩と争って、問題を起こすことが、たびたびあるでしょう。これは、年長者を馬鹿にするような傾向があるからです。また、脱税を摘発されたり、刑事問題を起こして警察のやっかいになることが、生涯に何度もある人もいる。それは、精神の冷静さを失って横車をおしたり、無茶を言ったりするような面があるからです。
頭や顔面の病気、ケガ、火傷をする場合があり、目の病気やケガで、失明することもある。一般にメガネをかける人が多い。また、血圧や循環器系の病気になることもある。子供は、中耳炎や扁桃腺を患うことが多い。いずれも、家屋の南を吉相に改善することで、救われる。


スポンサードリンク

子年・四緑木星年生まれの性格・運勢


子年・四緑木星年生まれの人は、表面は大変柔和だが、内心は物欲が充満している。このため、交際は言葉巧みだが、目先の小欲に惑わされることが多く、悪に誘惑されたり、巧言令色で利用されたりしやすい人がいます。
理屈は達者だが、表裏が多く、そして、秩序や礼儀に対する観念が薄く、偉い人に対しても普通の人との見さかいがつかなくなるため、成功を阻まれることがあります。
家庭では、男性は賢明な妻と、女性はウソをつかない男性と結婚すれば幸福である。財産や美貌に目がくらむと、強欲さが強く出て、家庭不和が絶えなくなる可能性があります。
物欲が強いことを自覚し、修養を積むことで大成功していけるでしょう。


子年・七赤金星年生まれの性格・運勢


子年・七赤金星年生まれの人は、よい運勢をもっているが、常に目上の人や上司と対立する関係があるため、若い時は仕事を転々とする人も多い。この対立は、あなたが礼儀を正さず、無作法な行動をするからである。修養のたりない人は、これに気づかないで実力を発揮できない場合も多いでしょう。
物質思想が強いため、周りは常に自分以下の者ばかりになり、自然に思想が貧困に陥りやすい。そして金銭への利欲が強いことから、目先の小欲を追って、とかく誘惑にかかりやすい人も多いです。
誰とでも融和する長所があるのだから、軽率な行動や自分勝手な行動をつつしんで修養を積み、精神的に安定した行動していけば、必ず大成功できます。


子年生まれの相性


子年生まれの相性子年と子年の相性は、黙っていても気持ちが通じ、理解し合える相性です。同じ干支なので基本的な物事の考え方も同じ。お互いに相手の立場を考え、気配りをし合える、似た者同士の二人です。

子年と丑年の相性は、相反する性質を持っている二人で、足りないところを補い合える関係なので、相性は大吉です。気は合うけれど、適度の距離と緊張感を持って付き合える二人です。

子年と寅年の相性は、思い立ったらまず行動、という点で息の合う二人。 テンポが同じなので、一緒にいて楽しくすごせる相手です。子年は、寅年を上手にリードし、長所を引き出すことができます。

子年と卯年の相性は、陽気で明るい子年と物静かな卯年は、気疲れする相性です。お互いに相手に対して気を遣うため、余計に疲れるのです。卯年の頑固さに、子年が困ってしまうこともありそうです。

子年と辰年の相性は、プライドの高い辰年に、気軽に人づき合いする子年が近づいていくことが多そうです。この二人に申年が加わると最高の卜リオになります。辰年にとっても、子年は大事な相談相手といえそうです。

子年と巳年の相性は、まったく異なる性質をもつ二人。子年が水と陽なのに対して、巳年は火と陰の性質。が、それが逆に尊敬や憧れの思いになり、お互いを認め合える、よい関係につながります。

子年と午年の相性は、残念ながら相性はよくありません。子年の水の性質と、午年の火の性質がぶつかりあい対抗意識が強くなるのです。お互いの意見を尊重することが、うまくやっていくコッとなります。

子年と未年の相性は、子年も未年も、一見、人当たりのよい性格ですが、どちらも意外と頑固なため、譲り合うことができません。活発な子年は慎重派の未年にイライラすることがありそうです。

子年と申年の相性は、盛り上げ上手の子年と申年は名コンビ。これに辰年が加わると最高の卜リオに。カンがよく、行動力もあるので、二人でいると物事が何でもスピーディーに進むことでしょう。

子年と酉年の相性は、考え方が違う子年と酉年。行動的で細かいことを気にしない子年に、慎重な酉年はうるさく干渉してきます。意見が合わずに対立することが多いので、言葉選びに気をつけてください。

子年と戌年の相性は、物事に対して、真面目に取り組む子年と戌年。戌年に助けられることが多い相性です。細かい点では意見が合わないのですが、なぜか一緒にいるとリラックスできる二人です。

子年と亥年の相性は、明るい子年と静かな亥年は、表面的には合わないようですが、共に水の性質を持つため欠点をフォローし合える相性です。気の弱い子年が亥年を頼りにするような面もあります。


スポンサードリンク





ありがとうございます。また、いらしてくれますか?