厄年とは

厄年とは 厄年は迷信だと思いますか?
厄年とは読んで字のごとく災厄に遭いやすいとされる年齢です。厄年の風習は平安時代の陰陽道にさかのぼるといわれていますが、はっきりした根拠などは不明です。
厄年と言えば、誰もがすぐに男性42歳の「男の大厄」と、女性33歳の「女の大厄」の事を思い浮かべるのではないでしょうか?
しかし、厄年は「42(死に)」と「33(散々)」に通じるこのふたつの年齢だけでなく、男性は25歳と61歳、女性は19歳と37歳も同じように厄年に当たっているのをご存知でしょうか?
また、厄年とはいっても、その1年だけ注意すればよいというものではなくて、厄年の前年に当たる「前厄」と後の年に当たる「後厄」を合わせた3年間は充分に注意を払わなければならないといわれています。

根拠のない「厄年」ですが、アンケートによると「厄年は迷信だと思いますか?」と言う問いに、約64%の人が「そう思はない」と厄年に肯定的な回答をしています。
また、厄年の人に対するアンケートでは、「あなたは厄年であることが気になりますか?」と言う問いに、約59%の人が「気になる」と答えています。

根拠のない「厄年」ではありますが、人生における節目の年と捉えて自分の身体を注意深くチェックして、リフレッシュする良い機会かもしれません。


2019年の厄年一覧

2019年の男性の厄年一覧

1996年(平成8年)生まれ24歳 前厄
1995年(平成7年)生まれ25歳 本厄
1994年(平成6年)生まれ26歳 後厄

1979年(昭和54年)生まれ41歳 前厄
1978年(昭和53年)生まれ42歳 大厄
1977年(昭和52年)生まれ43歳 後厄

1960年(昭和35年)生まれ60歳 前厄
1959年(昭和34年)生まれ61歳 本厄
1958年(昭和33年)生まれ62歳 後厄

2019年の女性の厄年一覧

2001年(平成13年)生まれ18歳 前厄
2000年(平成12年)生まれ19歳 本厄
1999年(平成11年)生まれ20歳 後厄

1987年(昭和62年)生まれ32歳 前厄
1986年(昭和61年)生まれ33歳 大厄
1985年(昭和60年)生まれ34歳 後厄

1983年(昭和58年)生まれ36歳 前厄
1982年(昭和57年)生まれ37歳 本厄
1981年(昭和56年)生まれ38歳 後厄

1959年(昭和34年)生まれ60歳 前厄
1958年(昭和33年)生まれ61歳 本厄
1957年(昭和32年)生まれ62歳 後厄


厄年早見表:2019年を詳しく見る

厄年早見表:2020年を詳しく見る

厄年早見表:2021年を詳しく見る

厄年早見表:2022年を詳しく見る


厄年の体験談

厄年は医学的にも病気をしたり、社会的にも環境の変化がある歳と言われています。
今年本厄の私は、初詣には厄払いをしました。
結婚、引越し、家の建て替え、起業などを避けた方が良いと言われていますが、
それは今の私には当てはまらないので大丈夫かなと思ってました。

でも、厄年は婦人系の病気にかかる人が多いとも言われているので、
なかなか行けていなかった婦人科検診をしっかりと受けることにしました。
幸い結果は大丈夫でしたが、暴飲暴食など体に悪いようなことはしないよう心掛けています。
あまり厄年ということばかりを気にし過ぎてしまうのもストレスになるので、
不摂生はしないくらいであとは平和に暮らそうと思っています。

でも、先日自転車で転んだことがありました。
自転車で転ぶなんて、小学生以来だったので自分自身でびっくりしました。
膝と肘を擦りむいたくらいで済みましたが、
これも厄年だからかとちょっと怖くなったりもしました。

厄年は体力面でも精神面でも今までと同じようにいかなくなる年齢に
差し掛かったということなのかなとも思ってます。
自分自身を過信せずに、年齢をしっかり感じながら生きていこうと思います。

厄年の体験談を詳しく見る


方位除けとは

方位除け入門方位除けには分類するとふたつの種類があります。1つは「年回り」による方位除けで、本命星が、その年にどの方向に位置して いるかで吉凶を占い災いを防ぐための方位除けです。
そして、もう一つが転居や旅行など、文字通り行く先の「方角・方位」による災いを防ぐための方位除けです。
家族でも、生まれ年によって良い方角・悪い 方角は異なるため、なかなか家族全員の吉方位が揃うことはありません。そのような場合に方位除けのお祓いを受けて、災いを少しでも無難に収めます。

厄除け、方位除けの年にあたる方は、まずはお近くの氏神様や崇敬神社にてお祓いをお受けると良いでしょう。
2019年の年盤と方位除け一覧は下記のようになります。


2019年の年盤と方位除け一覧

2019年の年盤と方位除け■本命星の位置と方位除け

・本命星が中宮に回座する年は八方をすべて塞がれ、どの方角に事を起こしてもうまくいかない八方塞がりの年回りとなるので方位除けをすると良いでしょう。
・本命星が北東の表鬼門に回座する年は、何事にも変化・変動が多く、運気も衰えがちになります。けがや病気にも注意が必要な年となるので方位除けをすると良いでしょう。
・本命星が北に回座する年は、最も運気が停滞する年です。何事にも謙虚な気持ちで、次の飛躍への準備の年となるので方位除けをすると良いでしょう。
・本命星が南西の裏鬼門に回座する年は、前年まで衰退の運気が徐々に好転しはじめます。しかし無理は禁物。特に年の前半は要注意なとしとなるので方位除けをすると良いでしょう。
2019年は、本命星が二黒土星、四緑木星、五黄土星、八白土星の人が必要に応じて方位除けをすると良い年回りとなります。


2019年の方位除け早見表

八方塞(静観宮)
八白土星

大正09(1920)
昭和04(1929)・昭和13(1938)・昭和22(1947)・昭和31(1956)
昭和40(1965)・昭和49(1974)・昭和58(1983)
平成04(1992)・平成13(2001)・平成22(2010)生まれ

裏鬼門(準備宮)
五黄土星

大正12(1923)
昭和07(1932)・昭和16(1941)・昭和25(1950)・昭和34(1959)
昭和43(1968)・昭和52(1977)・昭和61(1986)
平成07(1995)・平成16(2004)・平成25(2013)生まれ

表鬼門(変化宮)
二黒土星

大正15(1926)
昭和10(1935)・昭和19(1944)・昭和28(1953)・昭和37(1962)
昭和46(1971)・昭和55(1980)
平成元(1989)・平成10(1998) ・平成19(2007)・平成28(2016)
生まれ

北(困難宮
四緑木星
大正13(1924)
昭和08(1933)・昭和17(1942)・昭和26(1951)・昭和35(1960)
昭和44(1969)・昭和53(1978)・昭和62(1987)
平成08(1996)・平成17(2005)・平成26(2014)生まれ


人生においては、気の充実した運気の良い時と 気の沈滞した運気の悪い時とのいくつかの波があります。
気の沈滞した運気の悪い年回りの時は、健康で充実した人生を送りたいと願って方位除けをすることで、人生の大切さや人生の意義を考える良い機会とすると良いでしょう。


→方位除け2019年を詳しく見る

→方位除け2020年を詳しく見る

→方位除け2021年を詳しく見る

→方位除け2022年を詳しく見る


スポンサードリンク

干支占い「2019年の十二支の運勢」

干支占いで占う運勢「干支占い」は、仏教伝来と同じ頃、日本に伝えられ生活に密着した占いとして、根付いてきました。

自分の干支を知らない人は、いないのではないでしょうか?
自分の生まれた年が西暦何年かと聞かれたら、ちょっと考えてしまい人でも、自分が生まれた年の干支は、「寅年」とか「辰年」とかすぐに答えられるのではないでしょうか?
日本人にとって干支は生活に密着したものです。その干支で占う「干支占い」は日本人の運勢を占うには最適な占いではないでしょうか?

では、干支占いで今年の運勢を読み取り、迷いのない人生を手に入れてください。

子(ねずみ)年生まれの運勢

丑(うし)年生まれの運勢


寅(とら)年生まれの運勢

卯(うさぎ)年生まれの運勢

辰(たつ)年生まれの運勢

巳(へび)年生まれの運勢

午(うま)年生まれの運勢

未(ひつじ)年生まれの運勢

申(さる)年生まれの運勢

酉(とり)年生まれの運勢

戌(いぬ)年生まれの運勢

亥(いのしし)年生まれの運勢


スポンサードリンク





ありがとうございます。また、いらしてくれますか?