寅年生まれの2019年の運勢

寅年生まれの運勢丁酉(ひのととり)の年2019年(平成31年)は八白土星年が中央に回座する己亥(つちのとい)の年と成ります。己亥の年は物事が安定せず、予期せぬ出来事が起こりやすい年となります。
今年は何事も問題解決の糸口が見つからない、不満や不安が渦巻く一年となりそうです。ただ、相反する二つの力がお互いに打ち消し合うので、大きな変化はないでしょう。

亥(いのしし)年は、個人主義に走り自己中心的になりやすい年で、自分のために行動しがちな年となるでしょう。
亥(いのしし)年の今年は、何事も猪突猛進で突き進み、後で後悔しやすい年なので注意が必要です。特に人間関係においては、その傾向が強く出るので、慎重さが求められます。

亥(いのしし)年は、異性からの誘惑に注意が必要です。一目惚れから感情にまかせて突っ走るとすべてを失うことにも・・・・・・・

亥(いのしし)年は、何事も損得勘定で判断しやすく、だまされやすい年ですので、詐欺やもうけ話には要注意な一年です。堅実な判断と行動が大切です。

寅年生まれの今年の運勢
寅(とら)年生まれにとって亥(いのしし)年の2019年(平成31年)は、金運が不安定で、予期せぬ出費の兆しがあるので、計画的な収支の管理が肝心な年となります。
今年は、年初に宝くじに当たるとか予期せぬ収入がありますが、財布のひもを緩めると出費が膨らみ赤字に・・・・・・・。
2019年は、色々ともうけ話が持ち込まれますが一攫千金を狙うと、大きな負債を抱え込むことになります。

今年の恋愛運は、魅力的な異性との出会いのチャンスが多い年ですが、今年に出会う異性とは腐れ縁の予感があるので、感情だけで行動せず慎重にお付き合いしましょう。
2019年の仕事運は、収入面の不満から転職を考えがちですが、今年の転職は後悔します。


年齢別の寅年生まれの
2019年の運勢アドバイス


平成22年(庚寅)・平成10年(戊寅)・昭和61年(丙寅)・昭和49年(甲寅)・昭和37年(壬寅)・昭和25年(庚寅)・昭和13年(戊寅)・昭和元年(丙寅)生まれの人の2019年(平成31年)年の運勢

●昭和元年(丙寅)生まれの人は、指先の運動が脳を活性化します。進んで身体を動かす習慣が大切な一年です。開運色「花浅葱」、相性の良い人「七赤金星の人」、注意する人「四緑木星の人」

●昭和13年(戊寅)生まれの人は、人間関係でのトラブルに注意が必要な年です。広く浅くを心がければ無難な一年です。開運色「水色」、相性の良い人「九紫火星の人」、注意する人「一白水星の人」

●昭和25年(庚寅)生まれの人は、家族との関係を大切にすることで、安泰な年です。過去にとらわれないことも大切です。開運色「露草色」、相性の良い人「九紫火星の人」、注意する人「一白水星の人」

●昭和37年(壬寅)生まれの人は、情報収集能力が問われる年です。積極的な情報収集が運気アップにつながります。開運色「白群」、相性の良い人「九紫火星の人」、注意する人「四緑木星の人」

●昭和49年(甲寅)生まれの人は、仕事や人間関係でストレスが溜まる一年です。プライドや先入観を捨て、人の話を聞く謙虚さが大切です。開運色「秘色色」、相性の良い人「六白金星の人」、注意する人「三碧木星の人」

●昭和61年(丙寅)生まれの人は、社会人の自覚を持ち、社会貢献を心がける年です。ストレスをため込まないように注意を・・・・。開運色「紺桔梗」、相性の良い人「六白金星の人」、注意する人「三碧木星の人」

●平成10年(戊寅)生まれの人は、責任能力を問われる年です。その場の感情での行動は、信用を失います。開運色「空色」、相性の良い人「九紫火星の人」、注意する人「四緑木星の人」

●平成22年(庚寅)生まれの人は、自立心が生まれ、束縛に反発する兆しがあります。外に出て視野を広げることが、大切な一年です。開運色「青藤色」、相性の良い人「七赤金星の人」、注意する人「四緑木星の人」


寅年生まれの恋愛運・対人運


寅年生まれの恋愛は、男性の場合は一途で行動的です。好きになったらまっしぐらで、他の人は目に入りません。女性の場合は理想が高く、細やかな愛情があふれ尽くすタイプです。
男女ともに、若い頃は仕事に生きがいを感じて熱心に働くので、良縁を逃す可能性もあります。そのため、晩婚タイプが多いようです。またプライドや理想の高さが邪魔をして、相手の選択に時間がかかります。自分の気持ちに素直になって、初めてよい結婚に恵まれるでしょう。
熱烈な恋愛の末ゴールインしますが、相手に求める理想が高すぎると不和を招くので注意してください。誤解があったときは、十分な話し合いが大切です。

寅年生まれの運勢がスムーズに上昇するかどうかは、周囲の協力を得られるかどうかで決まるといっても、過言ではありません。
正義感にあふれた人情家ですが、時として頑固になることもあります。人を支配したがり、自説を決して曲げないので、周囲の反感を買ってしまいます。人の意見にきちんと耳を傾け、和を保つことを心がけましょう。若い頃に得た友人関係は大切にすると吉です。何かと心配してくれる大切な友情が育ちます。
働き盛りは運気も強くて立派に責任を果たせますが、とくに周囲との協調性を保ち、培ってきた人脈を上手に生かすと成功につながります。


寅年生まれの金運・仕事運


寅年生まれの人は、人一倍努力家で、働き者で、仕事一筋で頑張ります。その反面、金銭的なことにはけっこう無関心な面があります。精神面を大切にして細かい銭勘定にはこだわらないようです。
よく働くので、自然に財産に恵まれます。ただ、物にこだわらない性格が、そのまま金銭感覚に反映して、蓄財よりも体裁や見栄で浪費してしまう傾向があるので、注意してください。
金銭に対する損得勘定や認識をしつかりと身につけて、財テクを学びましょう。歳を重ねるにつれて金運がアップしていきますが、義理や人情で大金を融通することは避けてください。人生を狂わせることになりかねません。

寅年生まれはとにかく働くことが大好きで、自力で困難を突破するような仕事に生きがいを感じて、どんな難しい仕事でも、すばらしいアイデアで乗り切ります。負けず嫌いで、人の下につくことを好まないため、小規模でも自営業か、一人で働くような仕事が向いています。時に無鉄砲なことに挑戦したとしても、思いがけない幸運を得て成功するような強運の持ち主でもあります。
自我の強さが仕事の妨げとなることがありますが、何度か挫折を繰り返すうちに、より人間的に成長できます。晩年には、寅年にしかできない業績を残すことができます。


寅年生まれの基本性格

寅年生まれの基本性格
寅年生まれの人は、強い正義感と信念の持ち主です。常に前進しようと努力を怠りません。
いかなる困難も克服する強い意志を持ち、結果的にはどんな分野でも活躍する人が多いようです。
ただ、人に頼らず自己判断で行動するため、周囲と相容れずに孤立してしまうことも多いです。
若い頃は独立心が旺盛で上昇志向も強く、負けず嫌いな面が強くでます。広範囲で活躍で きますが、時として周囲の反発にあう場合がありますので気をつけてください。
自己顕示欲を抑えて、他人の意見に耳を傾けるようにすれば、晩年は人柄に穏やかさが増してきて、生まれ持った強運が一気に開花するでしょう。
寅年生まれの人は、特に若いときに、習慣にとらわれず自由に行動することを望みます。なかには、一生そのクセが治らない人もいます。パリで画家やモデルを目ざしたり、自分のバンドを結成したり、売れない歌手や俳優として長期にわたり貧乏生活をしたりするのは、寅の星がなせるわざなのです。
基本的に楽天家である上に、安定と保障についてはあまり気にしていないからでしょう。自分の持つ強運とカリスマ性に賭けているのです。そのような寅年ですから、一生のうちに一度は、他の人が「夢には見ても、現実には尻込みするような行動」に出ます。
まわりの反対は完全に無視して、トラ年の冒険のはじまりなのです。スカイダイビング、海や山の探検、アフリカのサファリなど、常識にとらわれず、トラは思いつきり自分の存在を世に訴えます。
自分が目立てば目立つほどよいのです。そのように勇ましかったり、ときにはアホらしかったりするトラの姿に、私たちもいつしか心の中で応援していることに気がつくでしょう。


寅年生まれの子供の性格


寅年生まれの子供の性格は、愛くるしい面と、困り者の面の両方をもっています。まるで、ネズミ花火のように、いつもちょこまか動き回っているので、親としては大変です。
明るく頭がよくて、自信家で、しかもおしゃべりでしょう。また、好奇心が強く、何でも知りたがり、いろいろな問題を起こしてくれます。とても行動的で、とても興奮しやすいので、ギヤーギヤーとうるさいことでしょう。
寅年の子供は、生まれつきのスポーツマン。水泳にダンスにと、運動は何でも好きです。面倒を見る母親は、追つかけているだけで自然にダイエツトができるはずです。
トラ年も辰年の子供同様、ガキ大将になりやすいのですが、それでもみんなに好かれます。
生まれなが社交家で楽天家ですから、友達が寄ってくるのです。
寅年の子供は、自分の気持をはっきり言いきりません。他人に後ろ指をさされるのを特に毛嫌いし、自分自身「秘密を守る」のが苦手です。また、機嫌が悪いのを隠すのが苦手ですから、すぐに表情に現われます。


寅年・二黒土星年生まれの性格・運勢


寅年二黒土星年生まれの人は、仕事に対して貪欲であり、儲け話に乗って、いくつもの事業に手をだし、結果的に道草ばかり食って、人生の大半を失敗の歴史とする人も少なくない。
これは強情で、誰の忠告も聞かない性格のためで、その上、いたずらに物質欲が強く、楽をしてお金を得ようと考えるから、相場や博奕を好み、損害をくり返すような面もあります。
兄弟関係を混乱させるような言動が多い。自分では意識していないのだが、あなたの言動が兄弟を刺激し問題を起こすことを反省しなければいけない。男性は、再婚となる人が多い傾向があります。
胃腸や肝臓、心臓が弱いので注意し、一つのことに専念していけば大成功をします。


スポンサードリンク

寅年・五黄土星年生まれの性格・運勢


寅年・五黄土星年生まれの人は、外見は柔和だが、内心は強情です。生活上の経験が乏しい中年以下の者は、何事についても独断専行しては、失敗をくり返す。勉強不足であるのに、進んで先輩に意見を求めることもなく、経験が浅いのに、増長慢心するような面を持っています。
仕事に対しては非常に貪欲で、儲かりそうなら執念深く、いくつもの事業に手をだしお金を追いかけていく。一つでも成し遂げることは困難なことを自覚して、必ず一業に専念することが大切です。
親や家族の恩に、感謝の気持ちを持ち続けて、精神の修養ができれば、仕事も軌道に乗り、大成功していけるでしょう。


寅年・八白土星年生まれの性格・運勢


寅年・八白土星年生まれの人は、非常に利口である。しかし、利口であっても不勉強で経験の乏しい者は、いたずらに強情で、薄情です。したがって、血族、親戚から孤立しやすい。これは、あなたが欲張るためですので、欲を出しすぎないことも大切です。
そして見栄と体裁が強い。見栄と体裁をつくろう者は、たいてい内容が整って、ないのだ。個人主義の傾向が強く、家族を困らせることも多いでしょう。
男性は妻運が悪いため、縁が複雑化していくが、地道に努力すればよい家庭を築き安定を手に入れることが出来ます。
押しがきかない欠点がある。常にケジメを心がけ、修養を積めば、大成功していけます。


寅年生まれの相性


寅年生まれの相性寅年と子年の相性は、順応性にすぐれ、誰とでも器用につき合える子年にとって、友情に厚い寅年は、素直につき合える相手です。行動パターンに違いはあっても、協力し合っていけるいい相性です。

寅年と丑年の相性は、粘り強く信念を貫き通す丑年は、意志の強さでは寅年に負けていません。協力し合えば、大きな成果をあげられます。しかし、強情なところも似ているため、譲り合いが必要です。

寅年と寅年の相性は、独立心が旺盛で自分のことに忙しい寅年。寅年同士もそれぞれのペースを尊重し、干渉しません。正義感が強く友情に厚いので、ライバルであっても信頼しあえるいい関係です。

寅年と卯年の相性は、それぞれに理想を持って進んでいくタイプで中吉相性です。寅年は厳しさ、卯年は温和さが特徴です。信念を貫く寅年にとって、卯年は軟弱に見え、きつい態度を取りがちです。

寅年と辰年の相性は、周囲を気にせず思ったままを口にする辰年と、ストレー卜に核心に迫る寅年。どちらもさっぱりとした気性です。ぶつかることがあっても、立場を尊重しながらつき合うとよいでしょう。

寅年と巳年の相性は、執着心が強いこだわり派の巳年と、あっさりとした気性の寅年とは、物事のとらえ方に大きな違いがあります。その違いを考慮に入れておかないと、トラブルになります。

寅年と午年の相性は、どちらも陽気で行動的。意気投合した二人が力を合わせると、活力が増幅され強く前進できます。テキパキ機敏な午年と行動するとき、寅年の魅力がさらに引き出されるはずです。

寅年と未年の相性は、おとなしくて控えめな未年は、積極的に攻める寅年とは正反対の性格。それゆえ逆に、うまくつき合えます。未年の穏やかな物言いは寅年のプライドを傷つけることなく効果的です。

寅年と申年の相性は、お互いに相容れない相性です。信念を貫く寅年にとって、言動がくるくる変わる申年は信用できない相手。あれこれ手を出す申年の行動に寅年は不満を募らせます。

寅年と酉年の相性は、寅年の純粋なやる気は、酉年の知性によって具体化し、ますますやる気をおこします。いい刺激を与え合える関係ですが、本質重視の寅年に対し酉年は体裁を気にする点を注意する必要があります。

寅年と戌年の相性は、正義感が強く頑固な戌年は、寅年とは基本的な価値観が合うのでスムーズに協調し合えます。お互いの力を高め合い、可能性を広げることができる大吉の相性です。

寅年と亥年の相性は、思い切つって行動する亥年は、積極的に、かつ果敢に前進する寅年と、意志の強さや独立心旺盛な点がよく似ています。どちらもりリーダー格で、お互いを認め合える相性です。


スポンサードリンク





ありがとうございます。また、いらしてくれますか?