丑年生まれの2019年の運勢

丑年生まれの運勢2019年(平成31年)は八白土星年が中央に回座する己亥(つちのとい)の年と成ります。己亥の年は物事が安定せず、予期せぬ出来事が起こりやすい年となります。
今年は何事も問題解決の糸口が見つからない、不満や不安が渦巻く一年となりそうです。ただ、相反する二つの力がお互いに打ち消し合うので、大きな変化はないでしょう。

亥(いのしし)年は、個人主義に走り自己中心的になりやすい年で、自分のために行動しがちな年となるでしょう。
亥(いのしし)年の今年は、何事も猪突猛進で突き進み、後で後悔しやすい年なので注意が必要です。特に人間関係においては、その傾向が強く出るので、慎重さが求められます。

亥(いのしし)年は、異性からの誘惑に注意が必要です。一目惚れから感情にまかせて突っ走るとすべてを失うことにも・・・・・・・

亥(いのしし)年は、何事も損得勘定で判断しやすく、だまされやすい年ですので、詐欺やもうけ話には要注意な一年です。堅実な判断と行動が大切です。

丑年生まれの今年の運勢
丑(うし)年生まれにとって亥(いのしし)年の2019年(平成31年)は、息つく暇もないくらい忙しい年となります。
一年で見ると忙しい割には、成果の上がらぬ年となりますが、今年の努力は将来的には大きな成果をもたらします。
今年は、家族とのトラブルの兆しがあるので、忙しくても家族との時間を大切にしてください。

今年の恋愛運は、恋人がいる人は、波乱含みの一年となります。恋人募集中の人には、身内からの紹介に良縁の予感があります。

2019年の仕事運は低調で、悩みの多い一年です。トラブルが発生したら、焦らず、目上の人のアドバイスに素直に従いましょう。


年齢別の丑年生まれの
2019年の運勢アドバイス


平成21年(己丑)・平成9年(丁丑)・昭和60年(乙丑)・昭和48年(癸丑)・昭和36年(辛丑)・昭和24年(己丑)・昭和12年(丁丑)・大正14年(乙丑)生まれの人の2019年(平成31年)の運勢

●大正14年(乙丑)生まれの人は、謙虚な姿勢で人に接すれば、心穏やかな一年となります。開運色「灰色」、相性の良い人「一白水星の人」、注意する人「七赤金星の人」

●昭和12年(丁丑)生まれの人は、問題山積の年ですが、一人で悩まず、家族や友人に相談すれば、解決の糸口がみつかります。開運色「白梅鼠」、相性の良い人「三碧木星の人」、注意する人「一白水星の人」

●昭和24年(己丑)生まれの人は、笑顔と感謝の心で、求めず与えることが、健康の秘訣となります。開運色「源氏鼠」、相性の良い人「二黒土星の人」、注意する人「三碧木星の人」

●昭和36年(辛丑)生まれの人は、交友関係を広めれば、生活に変化が現れ充実した一年に・・・・・・。開運色「烏羽色」、相性の良い人「九紫火星の人」、注意する人「七赤金星の人」

●昭和48年(癸丑)生まれの人は、全力で努力すれば、自分に自信が生まれ運勢も好転します。大切開運色「白磁」、相性の良い人「四緑木星の人」、注意する人「六白金星の人」

●昭和60年(乙丑)生まれの人は、周囲からリーダーとして認められるチャンスが訪れる年です。開運色「灰青」、相性の良い人「五黄土星の人」、注意する人「四緑木星の人」

●平成9年(丁丑)生まれの人は、悩みや迷いが多い年ですが、信念を持って物事に当たれば、仕事で良い評価を得られる年です。開運色「黒色」、相性の良い人「一白水星の人」、注意する人「六白金星の人」

●平成21年(己丑)生まれの人は、尊敬できる人を見つけ、自ら進んで学び、知識を広げる年としましょう。開運色「白色」、相性の良い人「三碧木星の人」、注意する人「七赤金星の人」


丑年生まれの恋愛運・対人運


丑年生まれ人は、控えめだが誠実な丑年生まれは、積極的に恋愛を求めるタイプではありませんが、いったん心が通じあうと、ストレートな愛情で相手に尽くします。とくに巳年、酉年、子年と、相性ぴったりです。若い頃はなかなか思うように相手に気持ちを伝えられず、チャンスを逃すこともあります。
自分から積極的に行動する恋愛よりも、紹介されて始まるお付き合いのほうが良いでしょう。早婚よりも晩婚が安泰です。
結婚後は一途な愛情で相手に尽くしますが、心の交流が不十分だと、中年期に不安定になる可能性が高いようです。結婚後も、相手との十分なコミュニケ—ションを忘れずにいてください。

丑年生まれは、実直で努力家です。口ベタで内向的なところがあるため、人づき合いがいまひとつ苦手です。
しかし、長く付き合っていくうちに、誠実で実直な人柄が理解されるでしょう。そこから、強い絆で結ばれ、長く続く友情が育まれます。若い頃に積極的に人の輪に加わり、よき友人やよき師に出会うことが大切です。人間関係を円滑にするポイントは、頑固さを抑えて、協調性を養うことが大切です。
歳を重ねるごとに人間的な幅が広がり、周囲からも堅実で真面な人柄を認められるようになるでしょう。長年かけて培った人脈はお金に代えられない、豊かな財産となります。


丑年生まれの金運・仕事運


丑年生まれはしつかりとした金銭感覚の持ち主です。無駄な出費を嫌う倹約家なので、金運はいつも安定しています。地道にコッコッと蓄え、しだいに大きな財産になっていくという金運ですので、ギャンブルや危険性の高い投機への手出しは禁物です。
あくまでも真面目で堅実な方針を貫き、地道な運用を心がけることで、生涯の金運が安定するでしょう。
歳を重ねて地位が上がっていくにつれて金運もどんどん安定していき、経済観念も発達していきます。金融商品はしつかりと研究し、効率のよい運用法を心がけることで、財産を殖やしていけるうになるでしょう。

仕事に対しても慎重な丑年生まれ。行動開始までじっくり考慮するタイプなので、地味で手堅く、やりがいのある職業に向いています。
反面、すばやさを要求される職業には向いていません。几帳面で努力家なので、やがては地位を確立しますが、短気な面があり、ちょっとしたことから転職を考えてしまうこともあります。
若い頃は試練のときで、理想と現実のギャップに挫折感を味わいますが、辛抱強く努力を続けていけば、必ず実力が身につきます。円満な人間関係が、仕事をスムーズに動かすカギになります。適職は公務員、銀行員、教師、美術、建築閲係などです。


丑年生まれの基本性格

丑年生まれの基本性格
丑年生まれの人は、寒い冬に耐えて、芽生えの春に向けて辛抱強く養分を蓄えている、土の性質を持っています。
下積みの苦労にもめげず、いつかは日の当たる場所に出ようと、強い意欲を持って努力し続ける粘り強さがあります。
反面、自己表現が不得意なタイプで、頑固で融通がきかない面があり、自分で気苦労を抱えてしまうことも多いでしょう。
若い頃は、周囲とテンポが合わずに苦労が多くなります。晩年に近づくほど運気は上昇し、忍耐強さと苦労が実って頭角を現わすことでしょう。時間はかかりますが、あきらめなければ成功します。短気を起こさず、自分を過信しないことが大切です。
丑年生まれの人は、恋愛問題になると、どうしょうもなくナイーブなタイプになります。恋のかけひきなどはなく、純粋な愛ひと筋に走ります。丑はおセンチではないので、恋人が丑年生まれなら「愛のポエム」などというロマンチックな言葉を期待しないでください。
恋人に贈るプレゼントでさえ、実用的で丈夫でつつましやかなものが多いはずです。
丑年の男も女も伝統を重んじるタイプなので、結婚もゴールインするまで時間がかかります。どちらもスロースターターですから、お互いを理解するまで時間が必要なのです。普段は立派に仕事をこなす丑年の男性が、恋人の前では頼りなく、無口になったりします。でも、いったんゴールインすれば、丑年の人との結婚生活は安定するでしょう。
丑年の亭主は何事も計画性があり、支払いもきっちりしていて、奥さんには余計な心配はかけません。
優先順位がはっきりしていますので、無理をしてすぐに高価なダイヤやミンクのコートを買ってくれることはありませんが、安定した生活は提供してくれるのです。


丑年生まれの子供の性格


丑年生まれの子供の性格は、病気のときでもあまり泣きません。生まれながらにして、自分に起り得る痛みなどと戦うスタミナを持ち合わせているのです。体は丈夫で無口ですが、大人の話はよく聞きます。年上のまねをして影響を受けうやすいので、幼いころにきちんと、「よいこと」と「悪いことの区別を教え込む必要があります。
わがままで乱暴ですから、おしゃべりは普通よりおそく、争いは「口よりげんこつ」で解決しょうとします。頑固で絶対に譲らない性格なので、ほしいものがあると家中が大騒ぎになります。だだをこねたり、ギヤーギヤー泣くかけではないのですが、特に自分のプライバシ一の問題では絶対に譲らなくなります。また、子供ながらも、無駄なおしゃべりをせずに秘密を守ることもできます。
しっけをあまり嫌がらず、かえってルールがあるほうが喜びます。特に食事は決まった時間に食べることを好みす。例外を除いて、丑年生まれはあまり食事の味にはうるさくありません。
規則正しいことが好きな丑年は、部屋のどこに何があるかとか、何時に何をするのかなど、毎日が決まったスケジュールで動くよう心がけます。丑年の子供を上手に動かしたいときは、お願いするより「命令」したほうが効きめがあります。ただし、下手にへソを曲げると、どうにも動かなくなりますのでご注意ください。
丑年の子供は、年下の子供たちを集めて面倒をみるのが好きです。辛抱強く相手をするので頼りになります。


丑年・三碧木星年生まれの性格・運勢


丑年三碧木星生まれの人は、外見はとても従順だが、内面は強情で、非常にわがままなところがあります。
仕事は、あれもこれもと手を出して、どれも中途半端になってしまう危険性がありますが、一つの仕事に専念すれば、大成功できる素質を持っているのだから、よく将来を考えて進むべきでしょう。
家庭では、丑年三碧木星生まれの男性は妻と対立しやすい傾向があります。それは、自分のことは棚に上げ、妻の責任を追及し、弱点を非難するような、手前勝手なところがあるからです。また、外で恋愛して離婚となる人もあるのでよく自重することが必要です。


スポンサードリンク

丑年・六白金星年生まれの性格・運勢


丑年生まれの性格・相性・運勢丑年・六白金星年生まれの人は、非常に強情な面があります。外見は柔和だが、内心は執念深く、自分勝手で自己中心的な傾向がしばしば表われます。また、何事にも臨機応変に対応することが出来ない面があるから、判断力を養う必要があります。そうすれば、もともと賢明な頭脳を持っているのだから、誰からも信頼されるようになっていけるでしょう。
仕事は、非常に移り気で、一つの仕事に専念し、実績を積むくらいの心に余裕ができてくれば、仕事は軌道に乗ることになるでしょう。よく迷信に迷ったりする面があるが、勉強することで、その真偽を見分ける能力を身につけることも大切です。それによって大成功していけるでしょう。


丑年・九紫火星年生まれの性格・運勢


丑年生まれの性格・相性・運勢丑年・九紫火星年生まれの人は、仕事に対して、一貫性がなくあれもこれもと手を広げていく傾向があります。一つの仕事に専念すれば成功を収める実力があるのだから、生涯の方針を誤まらないようにする必要があります。
自由奔放に育てられて育ったため、何事につけてもけじめがないような面を持っています。男性は、結婚が一度ですまない場合があり、女性は母親に縁が薄い傾向があります。いずれにしても、人との縁が不安定で変わりやすい。すべてを物質的に考えることなく、精神的に交際を厚くしていくことが必要です。


丑年生まれの相性


丑年生まれの相性丑年と子年の相性は、持ちつ持たれつの関係で協力し合い、お互いの持つよい面がお互いにプラスとなる相性で大吉です。頑固で、ソフトな対応が苦手な丑年の欠点を、柔軟性のある子年がカバーしてくれます。

丑年と丑年の相性は、長所や短所が強調されます。同じ目標に向かつているときには、お互いに心強い味方となり一致団結して行動します。短所である頑固さや強情さがぶつかり合うと、なかなか妥協することができない二人です。

丑年と寅年の相性は、冷静で思考型の丑年と、思い立ったら即行動という積極的な寅年は「静」と「動」の絶妙バランスです。寅年から刺激を受けて、世界が狭まりがちな丑年の視野が広がります。

丑年と卯年の相性は、引っ込み思案で付き合いベタの丑年も、人当たりのよい卯年とはスムーズに打ち解けられて、短所を補い合える相性です。ただ、ともに優柔不断でなかなか話がまとまらない面もあります。

丑年と辰年の相性は、堅実で現実的な丑年にとって、理想を追い求める辰年は別世界の人といった感じです。価値観がまったく違ううえどちらも頑固で短気で、譲り合うことがなく、相容れない相性です。

丑年と巳年の相性は、内向的で頑なな丑年を、巳年が解きほぐす大吉の相性の組み合わせです。二人が力を合わせれば、どんな困難も乗りきることが可能です。丑年は巳年と行動することで、力を十分に発揮できます。

丑年と午年の相性は、丑年にとって、午年の陽気さは魅力ですが、あまりにも両極端な者同士のため、強い違和感が生じます。接点を見出せず、丑年の忍耐力が試される相手で、相性はよくありません。

丑年と未年の相性は、頑固な丑年と、表面はソフトでも芯の強い未年は、いったんぶつかり合うとお互いの短所のみが強調されて、感情的となって大きなしこりを残す凶相性の関係です。意地の張り合いだけは避けてください。

丑年と申年の相性は、堅実で忍耐力のある丑年と明るく人なつこい申年は、自分にない相手の長所からよい影響を受ける好相性な関係です。申年が丑年に惹かれる傾向があり、丑年も申年に協力を惜しみません。

丑年と酉年の相性は、人づき合いが苦手な丑年を社交的な酉年が補い、ひらめき型の酉年を堅実な丑年が支える、という絶妙のバランスの関係で、内面的にも通じ合い、固い信頼関係で結ばれます。

丑年と戌年の相性は、二人とも忍耐力があり、責任感が強くて現実的です。似たもの同士のようですが、丑年にとって戌年の行動が威圧的に感じられ、対立するとお互い一歩も譲らず傷つけ合うことになります。

丑年と亥年の相性は、二人とも好き嫌いが激しく、そりが合わないでしょう。でも、猪突猛進タイプの亥年と堅実派で熟慮型の丑年との、バランスは絶妙です。同じ目的に向かって前進するときは中吉の相性です。


スポンサードリンク





ありがとうございます。また、いらしてくれますか?